高校生で薄毛になってしまう原因とは?

高校生で薄毛になってしまう原因画像

 

高校生で薄毛で悩むことは通常ではないですが、状況によっては抜け毛が多くなって、薄毛になる可能性もあります。

 

男女で薄毛になる原因は違ってきます。もちろん共通する部分もあります。

 

男子高校生の場合は部活帰りで寝る前に頭を洗わないで寝てしまったり、ヘアスプレーなどが原因になることが多いです。汗やスプレーなどで毛穴が詰まってしまって、新しい髪が生えてこなくなって薄毛になることがあります。

 

これは男女でも共通することなのですが、頭皮環境は常に清潔にしておいた方がいいと思います。

 

女子高生の場合はホルモンバランスが崩れることによって抜け毛が多くなって、薄毛になることがあるようです。また極度なダイエットによって栄養バランスを崩して薄毛になるケースもあります。

 

では具体的に高校生に多い薄毛の原因について解説していこうと思います。

 

高校生に多い薄毛の原因まとめ

 

遺伝による薄毛

 

高校生で薄毛になってしまっているようなら、遺伝が大きく影響している可能性が非常に高いです。

 

大人になってからの薄毛では色々な原因を考えることができますが、通常の場合だと高校生で薄毛で悩むようなことは多くはないです。

 

そのため生まれつき薄毛になりやすいような頭皮環境の場合には高校生の時から抜け毛を感じるような場合が多いです。

 

ただ親戚や親が薄毛だからといって、必ず自分が遺伝的に薄毛になるとは限りません。

 

遺伝という要素はあくまで薄毛の原因の一つに過ぎないということを知っておきましょう。

 

AGAの初期段階の可能性

 

AGAというのは男性型脱毛症のことで、テレビのCMでも流れているので何となく聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

 

男性の薄毛の症状のほとんどはAGAという症状だといわれており、AGAは男性ホルモンが5αリダクターゼという酵素によってジヒドロテストステロン(DHT)に変化することで薄毛症状を引き起こすとされています。

 

高校生くらいになってくると男性ホルモンが増えてくるので、その結果として、ジヒドロテストステロン(DHT)が生み出されやすい環境になり、AGAの初期症状として抜け毛による薄毛の症状が出てくるということになります。

 

生活習慣の乱れによる薄毛

 

生活習慣の乱れも薄毛に大きく関わってきます。

 

LINEやスマホゲームなどで普段から寝不足になっている高校生は少なくないですが、髪の毛は寝ている時に作られているので、寝不足の状態が多くなってくると、当たり前ですが抜け毛が多くなってきます。

 

高校生になってくると受験勉強などによって夜更かしすることが増えてきたりするので、そういったことから生活環境が乱れたりします。

 

他にも高校生になってくると整髪料なども積極的に使い始める年頃で、あまり整髪料を使いすぎると、頭皮に整髪料がかかってしまって、それが頭皮へのダメージになってしまいます。

 

ストレスによる薄毛

 

高校生の薄毛に限ったことではないですが、過度がストレスによって髪の毛が抜けていくというのはよくあることです。

 

高校生になると受験勉強はもちろんですが、友人関係だったり、部活動だったり、普段の学校生活や私生活などで、どうしてもストレスを感じやすくなります。

 

ストレスを感じると血管が収縮しやすくなり、頭皮に栄養を送るための血管が細くなってしまう可能性があり、そうなると当然ですが髪の毛は成長しないです。

 

またストレスが過剰になると円形脱毛症などの症状も出てくるので注意が必要になります。

 

高校生に多い薄毛の原因は上記のような感じになりますね。

 

まずは普段の生活を見直して、できるだけ抜け毛の原因になりそうなことを排除していくことが基本になってきます。

 

それから育毛剤や育毛シャンプー、育毛サプリなどの商品の利用を検討するといいと思います。

高校生が薄毛対策に取り組みやすい薄毛原因とは

高校生が薄毛対策に取り組みやすい薄毛原因画像

 

高校生の薄毛の原因は上記のような感じになりますが、一番最初に取り組むべきこと薄毛の原因対策は「寝不足の解消」だと思います。

 

普段から睡眠時間がしっかりと足りているようなら問題はないですが、基本的には1日「7時間」くらいの睡眠はしっかりと摂るようにするといいと思います。

 

LINEやスマホなどに多くの時間を使っていると、それだけ睡眠時間が削られることになるので、ほどほどにしておくことが大事になってきます。

 

高校生の時から抜け毛が増えてくるようだと、20代半ばになってかなり薄毛の症状が進んでしまう可能性があるので注意が必要です。

 

高校生で薄毛を実感しているようなら、それはチャンスだと思ったほうがいいです。

 

若い時に薄毛だと気づいた時点でしっかりと対策をとることができれば、それだけ薄毛による頭皮のダメージを抑えることができます。

 

まずは睡眠不足解消や生活習慣の見直しなどに重点を置いた対策をするといいと思います。

 

他にも食生活の乱れも薄毛の原因になったりするの、あまり普段からファストフードやカップめんなどを頻繁に食べない方がいいということは覚えておきましょう。

高校生でも利用できる薄毛対策商品とは

高校生でも利用できる薄毛対策商品画像

 

高校生で薄毛に悩んでいるようなら、生活習慣などの見直しと並行して育毛剤などの薄毛対策商品を利用するのもいいと思います。

 

確かに生活習慣の改善などによって抜け毛は減る可能性はありますが、必ずしも完全に抜け毛がなくなって髪の毛が生えてくるとは言えないです。

 

ある程度の効果を期待することはできますが、あくまでも抜け毛を抑えることが可能ということで、生活習慣を改善したからといって、髪の毛がフサフサになることはないと思ったほうがいいです。

 

そのため生活習慣を改善するのと合わせて、育毛剤を使用して薄毛対策をすることが大事になってきます。

 

高校生の時の薄毛症状の場合だと、まだ頭皮が死んだ状態ではないので、しっかりとした育毛剤などによる薄毛対策をするとそれだけ効果が出やすくなります。

 

逆に高校生で薄毛を実感したけど、何もせずに何年も経過した後に薄毛対策をしても、頭皮が死んでいる状態で行った場合だと効果が出るのに時間がかかります。

 

そういった意味でも頭皮が死んでない高校生の時にしっかりと育毛剤などを使用した薄毛対策は効果が出やすいです。

 

当サイトでは高校生に使用できるオススメの育毛剤などを男女別で紹介しているのでよかったら参考にしてください。

 

高校生の薄毛対策商品は下記を参考にしてください。

 

高校生に効果的な育毛剤はトップページから