高校生で側頭部部分がハゲて薄毛になることはあるのか?

高校生側頭部ハゲ・薄毛

 

高校生で薄毛に悩んでいる人の中には側頭部部分(頭の両サイド)が薄くなってしまっていて困っているという人もいるのではないでしょうか。

 

側頭部の薄毛は前からあったのですが、場所が前頭部やつむじ部分のハゲよりも目立たない部分なので、そんなに気にする人は多くなかったです。

 

しかし側頭部部分がハゲるとその部分からハゲが広がってしまって、むりやり髪の毛のボリュームで隠していく必要が出てきます。

 

髪型によっては無難に隠すことができますが、ボリューム感がおかしな感じになってしまうので、何となくカツラっぽく見えてしまう可能性があります。

 

女子高生のように髪の毛が長い場合ならそこまで隠すのに苦労しないかもしれないですが、男子高校生の場合だと髪型によっては側頭部ハゲが目立ってしまう可能性があります。

 

そんな近年増えてきている側頭部ハゲですが、どのような原因で薄くなっていくのでしょうか?

高校生の側頭部ハゲ・薄毛の4つの原因とは?

高校生側頭部ハゲ・薄毛原因

 

高校生で側頭部がハゲる原因はいくつかありますので、高校生の段階で両サイドの薄毛で悩んでいる場合にはその原因のいくつかに心当たりがあるのではないでしょうか。

 

普通に考えて側頭部部分はハゲにくいとされているのに、両サイド部分がハゲるのは普通のことではないです。しっかりと原因をしって薄毛治療していくことが大事になってきます。

 

高校生の側頭部部分の薄毛の原因

 

スマホやパソコンなどによる眼精疲労

 

高校生の側頭部などの両サイド部分の薄毛の原因で一番多い原因が眼精疲労だと言われています。

 

眼精疲労によって目の周辺筋肉が緊張した状況だ続いてしまうと、その部分の血液の流れが悪くなってしまいます。

 

目の周辺の血液の流れは側頭部にもつながっているので、眼精疲労によって側頭部の血液の流れが悪くなると、髪の毛を成長させるための栄養が側頭部に行き届かなくなってしまいます

 

高校生の場合にはLINEやインスタグラムなどスマホを使ってSNSを利用している人も多いと思います。

 

小さい画面で長時間スマホアプリやサービスなどを利用していると慢性的な眼精疲労になり、そのことによって側頭部がハゲて薄くなってしまいます。

 

甲状腺などの内分泌疾患

 

甲状腺などの内分泌疾患に以上が起こると側頭部部分がハゲて薄くなる可能性があります。

 

甲状腺ホルモンには髪の毛の成長を促進する効果があるので、この甲状腺ホルモンの分泌に異常が発生すると側頭部部分が薄くなることがわかっています。

 

具体的には甲状腺ホルモンが不足すると右側部分が薄毛になり、異常分泌されると左側が薄くなります

 

つまり甲状腺ホルモンは多く分泌されても、不足しても薄毛症状が側頭部に現れるということです。

 

まあ、こういった甲状腺ホルモンの異常は稀なケースなのでそこまで心配する必要はないと思います。

 

皮脂の過剰分泌による薄毛

 

高校生の薄毛の側頭部の薄毛の原因の中には皮脂の過剰分泌による薄毛があります。

 

いわゆる脂漏性脱毛症と呼ばれるものです。

 

これはストレスやホルモンバランスが乱れることによって皮脂が過剰分泌されてしまって、その皮脂が毛穴を塞いでしまって薄毛に繋がるというものです。

 

洗浄力の強すぎるシャンプーなどを毎日複数回利用しているような場合だと、頭皮の皮脂を洗浄し過ぎてしまって、カサカサになります。

 

それを補おうとして皮脂を分泌するようになり、皮脂が過剰分泌されるきっかけになったりもします。

 

髪の毛が引っ張られることによる薄毛

 

女子高生などの女性に多い側頭部ハゲの原因なんですけど、ポニーテールなどの髪型の場合だと、髪の毛がひっぱられるような形になりますよね。

 

そうなると当然ですが、毛根に負担がかかるようになってしまいます。

 

女性の髪形では、髪の毛が引っ張られるような感じになる髪型が結構多いので、そのことによって頭皮や毛根に負担がかかってしまって、髪の毛が抜けてしまいます。

 

ほかにもエクステなどをつけたり、ドレッドヘアや編みこむタイプの髪型も頭皮に大きな負担がかかるので注意が必要です。

 

こうして見ると側頭部ハゲや薄毛の原因としては色々なことが考えられるということが良くわかると思います。

 

ただ側頭部ハゲの特徴的な原因としては眼精疲労というものが一番に挙げられるのではないでしょうか。

 

特に高校生はスマホを普段から長時間利用している人が多いので、慢性的に眼精疲労の人も多いと思います。

 

側頭部の薄毛で悩んでいるならこういった部分に気をつけるといいかもしれないですね。

高校生の側頭部ハゲ・薄毛の治療方法とは

高校生側頭部ハゲ・薄毛治療

 

高校生で側頭部部分がハゲて薄くなる原因は上記のようにな感じになりますが、具体的にどのように治療していけばいいのでしょうか?

 

上記の原因の中で一番高校生に当てはまりやすい原因から対処していくのが効果的な治療方法だと思います。

 

具体的には「眼精疲労による側頭部の薄毛」の治療を第一にやっていくといいと思います。

 

高校生の側頭部ハゲの薄毛治療は眼精疲労を取り除くことから!

 

高校生が側頭部ハゲや薄毛になる原因で最も多いのが眼精疲労による側頭部への血流不足になります。

 

高校生になると友達とのコミュニケーションにスマホのLINEやインスタグラムを活用している場合が多く、学校の中ではもちろんですが、帰宅後もスマホばかり眺めている人も多いのではないでしょうか。

 

こういった生活を毎日のようにしていれば、慢性的に眼精疲労になり、側頭部がハゲてくるのも当然ですよね。

 

そのため目を休める時間を作るようにすることが大事になってきます。

 

具体的には目薬や蒸しタオルなどを使って、目の回りの緊張をほぐすことが大事になってきます。

 

また目の周りの血液の流れを改善するためにマッサージするのもいいと思います。

 

後は眼精疲労に効果のあるブルーベリーなどを積極的に摂取するのもいいと思います。

 

育毛剤も積極的に活用して側頭部ハゲ・薄毛を治療しよう!

 

眼精疲労を取り除くことによって薄毛の進行を抑えることはできますが、それだけではすぐに髪の毛が生えてくるということはないです。

 

眼精疲労を取り除くことは大事ですが、だからといってLINEやスマホなどを利用するのをやめることはできないと思うので、完全に眼精疲労がとれるかどうかはわからないです。

 

今の時代ではスマホのない生活は考えられないと思うので、眼精疲労を回復するだけでなく、根本的な薄毛治療を行う必要があります。

 

高校生の場合だと経済的な問題もあるので育毛剤が一番効果のある薄毛治療法だと考えます。

 

当サイトでは高校生にオススメの育毛剤をいくつか載せているのでよかったら参考にしてください。

 

男子高校生の薄毛対策商品は下記を参考にしてください。

 

男子高校生に効果的な育毛剤はこちらから

 

女子高生の薄毛対策商品は下記を参考にしてください。

 

女子高生に効果的な育毛剤はこちらから